記事の詳細

明成物流株式会社は、輸送やリサイクルを主な事業として行っている会社ですが、このまま安全な運営を続けていけばいいと考えている受け身の会社ではありません。
今後のことを考えて、地球環境を守るためにリサイクル企業として地球環境保全に正面から取り組んでいますし、他社との事業提携を行うことによって、さらに事業を拡大していきたいと考えている会社です。事業拡大は社会のため、さらには利用者、従業員のためにもなると考えています。

◆明成物流株式会社が他社との事業提携
合成樹脂製品・物流機器製造販売のヤマト・インダストリーという会社があります。この会社は、2009年に明成物流産業とその親会社である永田紙業との間で、資本・業務提携を図っています。
ヤマト・インダストリーは、今後ビジネスモデルを構築し発展していくためには今のままでは限界があると感じており、そこで目を付けたのがリサイクルを行いながらもプラスチック樹脂成形加工への進出を検討中だった明成物流産業だったのです。この3社が考えることが一致したことによって業務提携をすることになりました。
明成物流や永田紙業は、すでに物流の構築が出来上がっています。北は青森から南は九州にまでその物流の範囲は広がっているので、これらが手を結ぶことで営業網の相互活用や物流コストの削減、人的リソースの有効活用、さらには中国市場での収益拡大が狙えると考えて提携に踏み切りました。

◆本格的な倉庫の業務をスタートさせて
明成物流株式会社では、2010年に埼玉県の行田市にある営業所が倉庫業登録の許可をもらっています。それまで倉庫業に本格的に参入はしていなかったのですが、行田市に規模の大きな倉庫を作ったことで、本格的に倉庫業にも取り組むようになっています。
物流においては、製品を預かるために保管するため倉庫があればかなり便利に活躍をしてくれます。物流の商品が少ないのであればそれほど大きなスペースは必要としませんが、多くの物流がある場合には、ある程度大きな規模の倉庫が必要になってきます。
そこで明成産業株式会社では、行田市に行田営業所をつくることで倉庫業に本会的に乗り出すことができるようになったのです。行田市の営業所の倉庫はかなり大きなもので、倉庫業の拠点として中心的な役割を担っています。

◆他社がダメでも当社ならという精神で
明成物流株式会社は、他社に頼んだが断られてしまったという利用者のニーズでも喜んで引き受けますという姿勢で業務を行っています。それは関連企業の物流機器レンタル会社でも同じような考え方をしていますし、親会社である永田紙業株式会社も同じ考え方をもって業務を行っているのです。
例えば、親会社である永田紙業株式会社の公式サイトを見ると、他社があきらめたリサイクルもお任せくださいというような記述もあります。また、関連企業の物流機器レンタル会社の公式サイトを見ても、レンタルの数や期間などは原則として決まっていますが、小口や短期などのレンタルも相談に乗りますと記載されています。
決まっているから変更ができないなどと言うのではなく、利用者からの求められるニーズに合わせて臨機応変に対応をしようという姿勢が見えます。

◆関連企業3社のトップが同じなゆえに
明成物流株式会社、永田紙業株式会社、物流機器レンタル会社はそれぞれトップが同じ人物です。永田耕太郎がトップとして従業員をまとめています。トップが同じ故に、環境保全に関しても各社は同じように地球環境を汚してはいけない、保全していかなければならないという考え方を持って取り組んでいます。
特に明成物流株式会社や永田紙業は古紙リサイクルを行っています。古紙は捨てればただのゴミですし、ごみとして処分することも違法ではありません。しかし、古紙は再生紙の原料として再利用することで地球環境を保全することにつながるのです。再生紙を使わなければ、紙を作るために多くの木材が伐採されます。これによって自然の破壊が進んでいってしまいます。古紙リサイクルをしていくことは、地球を汚染から守ることにもつながる大切な仕事です。

◆まとめ
明成物流株式会社は、ただ今の形勢にあぐらをかいているわけではありません。元より良い物流がしていきたい、もっとリサイクルを発展させていきたいと考えて事業を行っています。
その一つが他社との事業提携です。明成物流株式会社に持っていないところを補ってくれる会社との事業提携をすることで、より発展を目指していくことができます。また、大きな倉庫を作り倉庫業を本格的にスタートさせていることは、物流で利用者に求められるニーズに最大限対応をしていきたいと考えているからです。
さらに、リサイクルをどんどん発展させていくことによって、地球環境をも盛ることができるとも考えているのです。特に明成産業株式会社や永田紙業は古紙リサイクルを行っていますから、リサイクルを進めることによって環境破壊を防ぐことができ、地球を守ることにつながるという強気考えがあります。関連企業がありますが、どれもトップが同じ人物ですから環境に対しての配慮もどの会社も携えているのです。

明成物流株式会社
http://www.meisei-butsuryuu.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る