記事の詳細

九州の佐賀県出身の神澤光朗は、九州男児らしく心が大変熱い男です。九州の中でも佐賀県はあまり存在感がない地域と言われているようですが、神澤光朗はかなり存在感の大きな男です。熱い男と言ってもむやみやたらに何に対しても熱いわけではないので、存在自体が暑苦しいようなことはありません。これだ!と打ち込むことが出来れば熱心にコツコツと取り組みます。どんなに面倒な事であっても途中で投げ出すことはないですから、信頼ができますし、頼りになる男なのです。

大学でイベントがあったときのことです。地道な作業にみんな辟易としていたのですが、神澤光朗が嫌な態度や愚痴をこぼさず黙々と取り組んでいる姿を見て、周囲の人間も彼に感化されたことがあります。地味だから、面倒だからと文句ひとつ言わずにやりぬく姿には感動さえ覚えたと明かしています。

そんな神澤光朗は友人や周囲の人に対して偉そうな態度を取ることはありません。自分が、自分がとしゃしゃり出ることもないのですが、何となく気が付いたら周囲に人が集まっているのです。それが神澤光朗の魅力でもあります。うちに秘める熱いものがあり、どんなことに対しても手を抜くことなく一生懸命取り組むのです。なんにでも一生懸命取り組む姿勢は誰か人が見ているから恰好を付けてやっているわけではなく、誰に認められなくても自分が納得のいくまでとことん取り組むところあります。そんな物事に対する熱い姿勢を感じた人がおのずから神澤光朗の周囲に集まってくるのです。

決して人を押しのけてリーダーになっていくというタイプの人間でもありませんし、圧力を持って人に言うことを聞かせるタイプでもないのですが、彼の人間性に共鳴を受けた人たちが自然と彼の周りに集まってくるのです。そんなどこからともない魅力を彼は持ち合わせているのです。

また彼にはかわいらしい一面もあり、周囲に人が集まってくることに対してはちょっと恥ずかしいと思っているのです。自分はリーダータイプではないのにと思っているようですが、彼がいるから一緒にイベントをやりたいと彼を慕っている人もかなりの人数がいるのです。しかし人見知り気味のところもあるので、慕っていることを堂々と彼の前で口にしてしまう人がいると、かなり恥ずかしくなるようで赤面をしてしまうのです。赤面をして恥ずかしそうにしている姿も魅力の一つであると言えるでしょう。そんなかわいらしい一面を持っているのが神澤光朗なのです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る