記事の詳細

アレキサンダーアンドサンの企業理念   
アレキサンダーアンドサンは、全国に免税店の店舗を運営する会社です。
外国の旅行客を対象とした免税店を運営しており、訪日する多くの観光客が訪れる店舗が全国にあります。
また、免税店の運営だけでなく、訪日した観光客を対象としたバス会社も経営しています。空港や港からホテルや観光地、運営する免税店への移動手段として設立されました。
企業理念として「『メイドインジャパン』の優れた商品を販売すること」を掲げ、免税店を通して訪日した外国人観光客に提供しています。
また、「ホテルや観光バスでくつろげる空間を提供すること」もそのひとつです。
このふたつのサービスを経営の柱として、訪日した外国人観光客に「日本」と「自社サービス」の魅力を十分に伝え、再び日本を訪れるきっかけになればと、サービスの向上努力を日々惜しみません。
アレキサンダーアンドサンの主力サービスは、主に観光業に軸が置かれています。国内で普段通り生活していると、そのサービスに触れる機会はあまり多くないかもしれません。
ただ、旅行業やホテル業などの観光業に携わっていれば、その存在を耳にすることも多いのではないでしょうか?
世界に通用するクオリティの高いサービスをご紹介します。
  

サービスとしての考え方   
アレキサンダーアンドサンでは、訪日観光客の視点で顧客満足を考える努力をしています。
そのため運営する免税店は、外国人観光客に喜ばれるサービスを考えて工夫しています。
優秀な「メイドインジャパン」の商品を提供するだけでなく、商品の環境や陳列、そして外国人観光客が持つ日本のイメージを大切にして提供することで、日本の高度なサービスレベルを広めることに成功しています。
またサービス提供を考える上で、近年海外でも意識が高まってきた「衛生面」に配慮しています。
日本を一度訪れたことのある人が「衛生面のクオリティの高さに驚いた」と口にしているのを耳にしますが、世界から見て日本の衛生面のクオリティは高く評価されています。
アレキサンダーアンドサンでは、日本に来たからこそ体験できるものだとその価値に重きを置いて、安全安心なサービスを提供しています。
すべてはユーザーの目線で考えてきたからこそ、提供できるサービスばかりなのです。  

スキルアップとおもてなしの心  
仕事におけるゴールの指標は、各個人で設定した目標達成することです。
サービスは日々進化させていかないと、一歩先を行くサービスを提供する競合に商圏を奪われてしまいます。
アレキサンダーアンドサンでは、現状の自社サービスを最高とは考えず、常にサービスの強化・進化にひたむきに取り組んでいます。
いま、海外からの観光客に対する「おもてなしの心」は、当然のように求められるようになりました。
アレキサンダーアンドサンでも、相手の立場を尊重しながら「おもてなしの心」を持つことを大切だと考えています。
また、実際にサービスを提供する人間によって、良いサービスに対する考え方は違いますが、そのどれをも否定するのではなく、サービス従事者のチャレンジ精神を大事にしている会社です。
うまく成果がでなかった場合でも、すぐに連携して適切な対応をすることが、個人のスキルアップと企業モラルの向上につながっているといえます。

免税店の利用
アレキサンダーアンドサンでは、全国に免税店を展開して商品サービスの提供を行っています。
免税店では、主として国内外の海外旅行客を対象としているため、空港のある地域が対象となると考えがちですが、人の流入は空港だけではありません。
中国を中心としたアジア地域で豪華客船での日本旅行が流行しているように、客船やフェリーが就航する港エリアでも免税店があります。外国から観光船で訪れた旅行客が免税店を利用する場合も、空港と同じように免税制度を利用できるためです。
先でも述べたように、近年中国をはじめとしたアジア地域をはじめとした外国人が爆発的に増え、ジャパンメイドの製品を値段にかかわらず、大量購入していく姿をよく見かけるようになりました。
いまでは観光業界だけでなく、日本の百貨店や家電量販店をはじめとした小売業界にとっても、アジアからの観光客は大切な購買層となりました。
そのため、人気の観光資材がある地域に免税店をオープンさせておく事が、大きな収益源の確保につながるのです。
外国人旅行客が訪れる地域では、多くの人々がアレキサンダーアンドサンの運営する免税店を利用しています。
また、観光バス事業と連携して、バスの利用客に免税店をアピールするなど、立地特有の需要だけでなく、自社の事業を活かして、二次的な顧客の確保ができるようになっています。
他社競合の免税店との顧客の奪い合いばかりに労力を費やすのではなく、効率よく自社の顧客を確保することが可能になり、サービスの向上に注力できるのです。

アレキサンダーアンドサン
http://www.alexanderandsun.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る